メディ勉オンラインサロン#5 鹿野淳さん

2023年末のメディ勉オンラインサロン、今回は通常とは一味違った趣向で、「音楽フェスの医療事情」がテーマです。

http://ptix.at/qnqpJh

新型コロナの影響で音楽業界が大きな試練に立たされた中、音楽フェスがどのようにして医療体制や感染対策に取り組んでいるのかにフォーカスします。コロナ禍でしばしば非難の的となった音楽フェス。実際のところ、その裏側には一体どんな努力や苦労があり、中の人たちはどう乗り越えてきたのでしょうか?

そこで、今回のサロンでは、「ROCK IN JAPAN」「COUNTDOWN JAPAN」「KESEN ROCK FESTIVAL」など、数々の音楽フェスの舞台裏を知り尽くす株式会社FACT代表の鹿野淳さんをゲストに招待します。

鹿野さんは、コロナ禍においても安全かつ楽しいフェスを実現するため、様々な工夫と挑戦をしてきました。

音楽フェスにまつわる医療体制や、最新の健康問題まで包括的にお話しいただきます。感染対策だけでなく、夏場の気温上昇や熱中症リスクにも焦点を当て、参加者と一緒に音楽フェスを「医療」の面から考えます。

普段なかなか耳にしないテーマなので、ぜひこの機会に音楽フェスの知られざる一面を垣間見てみましょう。

モデレーターは、医療ライターの山本尚恵が務めます。

■第1回 2023年11月28日(金) 19:00 – @ZOOMオンライン会議
テーマ:音楽フェスの医療事情 ~医療体制、感染症対策、地域連携…音楽フェスの医療事情に詳しくなれる120分〜
ゲスト:鹿野 淳さん

第3回 メディ勉オンラインサロン 11月28日(金)19:00~ オンライン開催

テーマ:音楽フェスの医療事情 ~医療体制、感染症対策、地域連携…音楽フェスの医療事情に詳しくなれる120分〜
    http://ptix.at/qnqpJh

ゲスト:鹿野淳(しかの あつし)さん
音楽ジャーナリスト、株式会社FACT代表取締役、音楽フェス「VIVA LA ROCK」初代プロデューサー。1964年東京生まれ。明治大学卒業後、扶桑社、株式会社ロッキング・オンを経て、2004年 有限会社FACT(現在は株式会社)を設立。ロッキング・オン時代には『BUZZ』『ROCKIN'ON JAPAN』の編集長を歴任。独立後は、サッカーを中心としたライフスタイルマガジン『STARsoccer』(現在は休刊)、音楽雑誌『MUSICA(ムジカ)』を創刊。
フェスプロデューサーとしても「ROCK IN JAPAN」に始まり、「COUNTDOWN JAPAN」「ROCKS TOKYO」などに初回からオーガナイザーとして関わり、2014年からは埼玉県最大のロックフェス「VIVA LA ROCK」の主催とプロデュースを、2021年からは東京の真ん中で音楽を楽しみながらキャンプやアトラクションを体験するフェスティバル「TOKYO ISLAND」のプロデュースを手掛ける。そのほかに編集/執筆活動、テレビやラジオ出演、音楽ジャーナリスト養成所『音小屋』の開校など、音楽ジャーナリズム全般をクロスオーバーさせている。

モデレーター:山本尚恵(医療ライター)

一般チケットはこちらから→ http://ptix.at/qnqpJh
ZOOM一般チケットは1,500円です。

申し込み後のキャンセルは、お控えくだされば幸いです。
なお発信者会員の皆さんは、特別枠で無料ご招待いたします。
(法人会員は3名までご招待。
「発信者会員」枠よりご所属の法人名を明記のうえお申し込みください)

発信者会員の詳細、お申し込みはこちらから→  https://medicaljournalism.jp/admission

関連記事

  1. メディ勉オンラインサロン2023 #2 6/23(金)東徹さん

  2. SNS時代の「#あたらしいクスリ情報」のカタチ~セルフメディケーション…

  3. 今年もやります、メディ勉・伝え方サミット2020

  4. 【11月1日】第4回ヘルスケア発信塾 正確な医療記事の見分け方&公開レ…

  5. 世界のヘルスケア・ジャーナリストと交流しよう

  6. メディ勉オンラインサロン#10 大武陽一さん

  7. メディ勉オンラインサロン2022 #2 「そろそろ話そう 新型コロナ対…

  8. 組織や立場の枠を超え「1mmでも良い発信」を目指す場所へ-2019年の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。